OriHime(オリヒメ)や吉藤健太朗の経歴に17歳で車椅子を発明できた目標って?【あいつ今何してる?】

3月6日(水)19時から放送される「あいつ今何してる?」の番組内で

ロボットコミュニケーターの

吉藤健太朗(よしふじ けんたろう)さんが紹介されます。

吉藤さんは何でも分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の開発者だそう。

現在では、このロボットが医療や福祉関係に大きく貢献し、

ご自身は「孤独の解消」を目標に開発を行っているのだとか。

また、過去に画期的な電動車椅子を17歳で発明したりと

天才発明家の名が相応しい経歴をお持ちで大変気になる人物ですね。

そこで今回は画期的な電動車椅子を開発した吉藤健太朗さんのことや、

OriHime(オリヒメ)や「”孤独の解消”」について調べてみました。

どうぞ、ご覧ください。

スポンサードリンク

吉藤健太朗(よしふじ けんたろう)の経歴について

出典:https://bizpow.bizocean.jp/edge/orihime/

吉藤 健太朗(よしふじ けんたろう)

別名 吉藤 オリィ

生年月日 1987年11月18日

出身地 奈良県

職業 ロボット研究者

吉藤さんは、東京都の三鷹市にある「株式会社 オリィ研究所」の

代表取締役所長をされております。

過去にアメリカの経済誌である

「フォーブス」に選出されたこともあるすごい人なんですよ。

なんと吉藤さんは、電動車椅子を17歳の時に発明されており、

後に文部科学大臣賞を受賞されています。

ちなみに吉藤さんは

分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を2010年12月に

公に発表されました。当時、吉藤さんは23歳。

23歳と言えば、私の場合は大学へも行かずに

遊ぶだけの毎日を送っていたなと恥ずかしくなりましたね。(笑)

吉藤さんは、ちょっと変わった人でご自分で作成した

「黒い」白衣を常に着用しているそうです。

また、吉藤さんは初対面の方には、ご自分で折り紙を披露されるのだとか。

「”孤独の解消”」とはどんなことなのか?

実は吉藤さんは過去に引きこもりという辛い経験をしています。

なんでも、周りの友人と馴染めずに常に孤独感を感じていたとのこと。

小学校5年生あたりから引きこもりが始まり、不登校が三年ほど続いたそうです。

理由としては、病気やいじめが発端になりそこから

引きこもりになってしまったそうです。

暗く長い時間だけが続いていました。

ですが、中学生時代に吉藤さんに転機がおとずれました。

吉藤さんの母親がロボットコンテストに申し込みをしていたそうで

そのコンテストに参加した吉藤さんはなんと準優勝だったとのこと。

それがきっかけに発明、開発に目覚め始め

2004年には電動車椅子の開発が認められて「文部科学大臣賞」を受賞。

ちなみに当時のお写真がこちら。

出典:https://bizpow.bizocean.jp/edge/orihime/

この吉藤さんが乗っている車椅子がご自身で開発された

電動車椅子、「Wander」というそうです。

その後も2005年「インテル国際科学技術フェア」や

2012年、青年版「国民栄誉賞 人間力大賞」受賞。すごいです。

吉藤さんの常に持ち続ける「孤独の解消」という目標は

引きこもりという経験がご自身を駆り立てる

発明、開発の根本的な大きなエネルギーになっているようですね。

ちなみに吉藤さんの「オリィ」というあだ名は子供の頃に

一人で折り紙ばかりしていたとのことでそこから着いたそう。

スポンサードリンク

分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」について

上の方でも話しましたが吉藤さんは「株式会社 オリィ研究所」の所長さんです。

会社では、OriHime(オリヒメ)の開発とそれを元にしてレンタルサービスなどで

業績を上げていっているようです。

で、このOriHime(オリヒメ)が一体どういうものなのか?

かなりざっくりと説明してみますが。

イメージとしては、

ゲームなどでは自分が操作する分身体「アバター」ってありますよね。

それをロボットとして現実に引っ張り出してきたようなものだと

考えていただければイメージしやすいかなと思います。

つまり、これがあれば自宅などの自室に居ながら

遠距離にいる人と会話したり、映像でみることもできるわけです。

これだと、テレビ通話などのように画面に向かって相手と会話するより

こちらの方がより話しかけている感じがしていいなあ、と思いました。

現在、このOriHimeは医療や福祉などで活躍していて

今後は他の分野でも活躍することが期待されております。

吉藤さんのこのOriHimeの開発のおかげで難病患者などの

遠距離での意思疎通などの幅を広げることに大きく貢献しているのです。

実は吉藤さんは自ら全国の難病患者の元へ足を運んで話を聞き、

それを医療、福祉の開発に役立てているのです。

将来的には、自宅などに居ながらOriHimeで外出し、

外を自由に歩き回ることなども可能になると吉藤さんは考えているようです。

今回のまとめ

今回のまとめはこちらになります。

・吉藤健太朗(よしふじ けんたろう)経歴について

・「”孤独の解消”」とは何なのか?

・分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」はどんなものか?

今回は、吉藤健太朗さんや分身ロボットの「OriHime(オリヒメ)」に

開発にかける目標などについて書いてみました。

これからも吉藤さんの医療や福祉でのご活躍に期待したいと思います。

3月6日(水)19時から放送の「あいつ今何してる?」もご覧くださいね。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。では、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする