包丁専門店タワーナイブズ大阪の場所や値段にビヨンハイバーグって?【マツコの知らない世界】

10月16日(火)20:57から放送の

「マツコの知らない世界」

堺包丁の伝道師といわれる

ビヨン・ハイバーグさんがご出演されます。

この方、日本の伝統工芸ともいえる

和包丁をこよなく愛してまして、

大阪の新世界・通天閣の近くに

TOWER KNIVES OSAKA(タワーナイブズ大阪)」という

ご自身が経営される包丁専門店を構えております。

そんなビヨン・ハイバーグさんのことや経営するタワーナイブズ大阪について

個人的に気になったので色々調べました。

それでは、一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

ビヨン・ハイバーグなる人物とは?

https://amanoshokudo.jp/menu/tool/7516/

そもそもカナダ人であるビヨンさんが

日本を来日されたのが23歳のとき。

なんでも日本の漫画を読んで、

以前からその文化に興味があったとのこと。

現在、ビヨンさんは49歳とのことなので

今からもう20年以上も前のことになりますね。

ちなみにその読んだ漫画というのが

子連れ狼」なんだとか。

外国の方が日本にハマる定番のサムライですね。

日本に来日されてからは

英語教師や貿易関係などをされてたようで

日本語にも堪能なんだとか。

現在は日本人女性の方とご結婚されており、

お子さんもいるとのこと。

日本語も奥さんから習ったのかと思いきや

ビヨンさんご自身が独学で身につけたとのこと。

日本愛が凄すぎます。

そんなビヨンさんは日本で和包丁の魅力に惹かれ

現在では国内外にそれらを広める活動をしております。

ちなみにビヨンさん自身は鍛冶職人というわけではないようです。

どちらかというと、

鍛冶職人とお客さんの橋渡し役というところでしょうか。

そういう点でビヨンさんの活動は日本の伝統文化を

より国内外に広めることに貢献してるわけです。

しかも、その活動が認められて

2014年には堺市長よりビヨンさんへ

感謝状が贈られているから凄いですよね。

そんなすごい方が経営されるお店で扱う

堺包丁の信頼度はとても高いといえるでしょう。

スポンサードリンク

タワーナイブズ大阪について

ビヨンさんが経営する「タワーナイブズ大阪

そこで取り扱っている商品は包丁だけでも

野菜専用のものやお肉・魚専用のもの。

左利き用の獲物やお子さん用の包丁などなど。

それ以外にも爪切りや剪定鋏、

中には専門職の方が使うような刃物を

多種多様に揃えているようで、

お値段も5千円から上で数十万円とピンキリ。

さながら刃物の博物館の様ですね。

店内ではスタッフの方による刃物の実演なども

見せてくれるとのことでその切れ味などを

直に確認できるのではないかと。

また、購入したい刃物のアドバイスを

スタッフから受けることも出来ますから

最適なものを提供してもらえることでしょう。

運がよければビヨンさん自ら堺包丁の切れ味を

実演にて見せてくれるかも(笑)。

あと、通販に関して少し調べてみたのですが、

残念ながら行っておりませんでした

おそらく店頭で直接お客さんに商品を見て、触ってもらって

納得のいく品を買ってもらいたいということなんだと思います。

タワーナイブズの場所について

そんなビヨンさんのタワーナイブズ大阪がこちらにあります。

TOWER KNIVES OSAKA(タワーナイブズ大阪)

住所:〒556-0002 大阪市浪速区恵美須東 1-4-7

営業時間: 年中無休 10:00~18:00

メール: info@TowerKnives.com

電話: 06-4301-7860

そしてもう一店舗が東京の方にあります。

TOWER KNIVES TOKYO(タワーナイブズ東京ソラマチ) 

住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1−1−2

           東京ソラマチイーストヤード 4F

営業時間:年中無休 10:00~21:00

電話:03-5637-7702

もし、ビヨン・ハイバーグさんに会えるとしたら

大阪店の方に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

ビヨン・ハイバーグさんの人となりや

タワーナイブズ大阪について少しでも

興味を持っていただけると嬉しいです。

気になった方は、一度でも

ビヨンさんの経営する「タワーナイブズ大阪」へ

足を運んでみてはどうでしょうか?

また、10月16日(火)20:57から放送の

「マツコの知らない世界」をご覧になるのもお忘れなく。

それでは、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする