おさかな天国を歌っていた柴矢裕美(歌手)ってどんな人?【爆報フライデー】

3月9日(金)の19:00から

「爆報!THE フライデー」が放送されます。

今回の放送される内容で私が気になったのが

おさかな天国を歌っていた歌手Sの現在は?

というところです。

懐かしいですね、おさかな天国

スーパーに行くと鮮魚コーナーでお決きまりのように

よく流れていたものですよね。

あの曲って、今も聞けるところって

あるんでしょうかね? え?

そもそもおさかな天国を知らない?

そうですよね。だいぶ前の曲ですから

覚えていない、知らないって人も多いでしょう。

ちなみに歌手Sが誰かちょっと調べてみたところ

出てきました。名前が柴矢裕美さん

この方がおさかな天国を歌っていました。

でも、名前だけ聞いてもピンとこないですよね?

私もまったく同じ感想でした。

なので、今回はおさかな天国を歌っていた

柴矢裕美さんについて調べてみました。

そもそもおさかな天国って?

誰もが一度はきいたことのあるフレーズ

「サカナ サカナ サカナ

サカナを食べると……」

でお馴染みのおさかな天国という曲

この曲が一番流行ったのが

2002年。

今からすでに16年も経っているのかと、

ちょっと懐かしく思います。

しかし、調べてみて分かったんですが

この曲が最初に出来たのって

2002年よりも前だったとのこと。

1991年に水産庁の魚食普及事業の一環として

JF全漁連中央シーフードセンターがサンミュージック制作を委託し…

引用元Wikipedia

へ~、私も調べてみて初めて知りました。

てっきり、2002年に出来た曲だとばかり

思っていましたからね。

ちなみにその当時はカセットテープで制作したものを

全国のスーパーマーケットなどの鮮魚コーナー用に

配っていたとのことです。

つまり、キャンペーンのためのもので

販売用に作られたわけではなかったようですね。

驚きです。

そして、この曲のフレーズ

サカナ サカナ サカナ

が、徐々に一部で人気になりまして

最終的に全国的ヒットをするわけですね。

確かに耳に残るフレーズですから、

大ヒットしたのも頷けます。

柴矢裕美さんってどんな人なのか?

そして、気になるのが柴矢裕美さん

どんな人か気になっていると思いますので

まずそのお姿からどうぞ。

引用元ニュースでblog

とても、お奇麗ですね。

優しそうな顔をしています。

2002年当時は、

「NHK紅白歌合戦」にも出演されていたようなので

覚えている方もいることでしょうね。

柴矢裕美さんは

おさかな天国の制作にあたって

井上輝彦に作詞、柴矢俊彦(元ジューシィ・フルーツのギターリスト)に曲、

俊彦の妻の柴矢裕美に歌唱、ジャケットのイラストレートを

女優の酒井法子(イラスレーター、漫画家としても「さかいのりこ」名義で

活動していた)にそれぞれ依頼して制作された。

引用元Wikipedia

なるほど、柴矢裕美さんは旦那さんと

ご一緒に制作に参加されていたんですね。

なんかこれだけでもご夫婦の中の良さが

伝わってくるようでいいですね。

ちなみにいろいろ調べて思ったんですが

ネットで裕美さんが写った画像が意外に少ない。

どうやら、現在はメディアでの目立った活動は

ほとんどされていないようですね。

ですが、3月9日(金)の19:00から放送されます

「爆報!THE フライデー」で久しぶりに

柴矢裕美さんのお姿をご覧になれると思いますので

どうぞご覧くださいね。では、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする