納豆を混ぜる道具「究極のNTO(なっとう)」の入手方法と値段や内容のまとめ【マツコ徘徊】

3月14日(木) 24時35分から放送の「夜の巷を徘徊する」で

「究極のNTO(なっとう)」というものが紹介されます。

なんでも、納豆を混ぜる道具なんだそうです

実は、以前タカラトミーアーツからは、

「魯山人(ろさんじん)納豆鉢」という商品が販売されてたそうで

その「魯山人納豆鉢」をリニューアルしたのが「究極のNTO」なのだそう。

とはいっても、私はこの商品についてテレビで見るまで

知らなかったので大変気になりました。納豆大好きなので(笑)。

そこで今回は、納豆を混ぜる道具「究極のNTO(なっとう)」の入手方法と

値段や内容のまとめ、と題して調べてみました。

では、一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

「究極のNTO(なっとう)」ってどんな道具?

まずは、「究極のNTO(なっとう)」がどんな商品なのか?

と、気になると思うので紹介してみようと思います。

先ほど前述したように過去にタカラトミーアーツから

販売されていた「魯山人(ろさんじん)納豆鉢」という商品。

その後継機とも言えるのがこの「究極のNTO」。

この商品には、モードが二つ備わっています。

「究極モード」と「無限モード」。

「究極モード」は芸術家、

北大路魯山人(きたおおじろさんじん)が提唱したという、

なんでも「納豆をおいしく食す(混ぜる)回数」に基づいて

納豆を混ぜられるモード。なんかすごそうですね。

これのすごいところは、

醤油(しょうゆ)を入れるタイミングを教えてくれる機能があるところ。

だいたい、305回混ぜるとそのタイミングで扉が自動で開き、

醤油を入れることができる。すごく良心的です。

醤油を入れたら後は残りの約119回を混ぜ切れば、

魯山人が提唱するおいしい納豆が食べられるわけです。

ちなみに、もう一つの「無限モード」は

あなたが好きなように納豆を混ぜられるモードで

本当に自分の好みの回数だけ混ぜることも出来ます。

それこそ、究極モードは約424回という設定がありますが

無限モードではさらにその上を行く回数を混ぜ続けることも可能です。

この二つのモードを使い分けて、

ぜひ納豆を食し方を変えてみてはいかがでしょうか?

「究極のNTO」のお値段はいくらか?

そして、次にやはり気になるのは

この「究極のNTO(なっとう)」のお値段ですよね。

タカラトミーから発売されているとはいえ

見た目かなりしっかりとした作りになっていると思うので

値段がいくらするのかなと考えると思います。

では、そのお値段なんですが。

定価。2800円(税抜)。

おっ、意外に安いですね。個人的には3000円は

超えると予想していたので以外に良心的な値段なのでは

ないでしょうか?

あれだけの機能がついていて、この値段だと考えれば

かなりお安いんじゃないのかなと思いました。

スポンサードリンク

「究極のNTO」はどう入手すればいい?

では、最後に「究極のNTO(なっとう)」の入手方法です。

やはり、これが一番気になると思います。

納豆好きな人であれば、一度は購入してみたくなるような

この商品。

調べてみたところ、

この商品を販売している「タカラトミーアーツ」の

「究極のNTO」のページへ行くと

商品が購入できるページへのボタンが

下の方にあるのでそこから購入ページに飛ぶことができるようです。

商品名:究極のNTO(なっとう)

発売時期:2018年11月発売予定

メーカー希望小売価格:2,800円(税抜)

商品サイズ:W120mm×H175mm×D90mm

パッケージサイズ:W150mm×H210mm×D120mm

引用:https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/nto/

「いつもの納豆の食べ方に飽きてきたな」とか、

「そもそも納豆がおいしくなる混ぜ回数は?」と思った方。

この「究極のNTO(なっとう)」がその悩みを解消してくれると思うので

気になったら、お試しあれ。

まとめ

今回のまとめはこちらになります。

・「究極のNTO(なっとう)」はどんな道具?

・「究極のNTO」のお値段はいくら?

・「究極のNTO」はどう入手すればいい?

今回は「究極のNTO(なっとう)」の入手方法と

値段や内容をまとめてみた!と題して調べてきました。

実はすでにあなたもこの道具が欲しくなってきたのでは、ないでしょうか?

気になったら、一度試してみるといいかも。

3月14日(木) 24時35分から放送、マツコ・デラックスさんの

「夜の巷を徘徊する」もぜひご覧くださいね。

それでは、最後にここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする